心のこもった贈り物として

Category

Calendar

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

祝う気持ちが大事

自分に子供が産まれると身近な人から出産祝いをしてくれる可能性が高いです。そこで、出産祝いをしてもらったらしっかりと出産内祝いをするようにします。出産内祝いは今では出産祝いのお返しという意味合いが強く、出産を祝ってくれてありがとうという感謝の気持ちを持って出産内祝いをしていくようにします。そこで、出産祝いをしてから長い月日が経つとあまり良くないですから、なるべく早めに出産内祝いをしていくようにします。もし、出産して忙しい場合は忙しい時期が過ぎたらすぐに出産内祝いの段取りをしていきます。基本的に出産祝いにもらった額の3分の2ぐらいでお返しを考えるのが理想です。もらったのがお金でなくて物の場合は少しどれぐらいの金額かは把握しにくいですのでそれに見合ったお返しを考えていきます。高価な物を贈る必要はないですけど、相手の事を考えてなるべく相手が喜びそうな物や便利なものを贈るのがお勧めです。例えば相手が好きなお菓子や便利な日用品などがお勧めです。気持ちが大事になるので贈るときには手紙も書いて贈るようにします。手紙も一緒に付いているとあなたの気持ちが伝わりやすく相手も嬉しい気持ちになるのでお勧めの方法です。

一般的な渡し方

お祝い系のマナーというのは、本当に誰かに聞かないと、自信をもって「こうだ」ということは、なかなか言えないものですよね。特に、年齢が高くなってくると、出産内祝いを贈る機会も増えてきますが、出産内祝いというのは、一体いつまでに送ればよいのでしょうか。出産内祝いは、お子さんが生まれてから1ヶ月くらい後(お宮参りが終わるころ)に渡すというのが一般的な機関です。
ですが、例えば、たまたま海外や地方に在住している友人と、彼女が妊娠期間中に直接会うことができたというのであれば、フライングして出産内祝いを贈るのは、特にマナーに触れるものではありませんから、そうしてください。しかし、お腹の中のお子さんの状況が悪くて、妊婦さんが入院しているという場合は、そういったことは酒が邦画良いかもしれません。
さらに、出産内祝いを贈れる期間というのも決まっていて、大体が産後2ヶ月までとなっていますが、もちろん、これも例外はあります。状況的に、直接出産内祝いがこの期間よりもちょっと後に渡せそうならば、「ちょっと遅れたけど、出産内祝い」と言って、渡せば友人間では問題ありません。夫や自分の会社関係の人であれば、生後1~2ヶ月内に出産内祝いを渡しましょう。

Copyright(C)2017 一般常識を覚えて出産内祝いを最良の形で贈答 All Rights Reserved.