プレゼントとして購入

Category

Calendar

2018年8月
« 8月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

出産内祝いの相場

子供が生まれてお祝いをもらうのは嬉しい物ですが、お返しの出産内祝いをどうしたらいいか、というのも頭を悩ませる問題です。最近では子育てにはお金がかかるというのが世間の共通認識として定着していることもあり、お祝いをしてもお返しは期待しないという考え方も広がっています。職場の同僚などが連名で贈る場合は、内祝いはいらないから、と金額を少し低めにしたり、内祝いは気にしないように、と一言添えてお祝いを贈る人も増えているようです。出産内祝いの相場は、お祝い金の2分の1~3分の1程度の品物でお返しするというのが一般的ですが、身内からの高額なお祝いに対して、2分の1のお返しをするのは却って失礼にあたります。お金をかけるより、赤ちゃんの写真をさりげなく添える内祝いの方が喜ばれます。最近注目されている出産内祝いが、赤ちゃんの写真や名前が入ったお酒やお米です。特に身内への内祝いとして人気があるのが、お米です。赤ちゃんの名前や写真入りの袋に、生まれた時の体重分のお米が入っているというもの。お米はどの家庭でも食べるものだし、袋を抱えて赤ちゃんの重みを感じることもできます。ただし、赤ちゃんの名前入りのものは身内への内祝いに限られます。子供が生まれたからと言って浮かれすぎ、と思われないように、友人知人にはお菓子やタオルなどを選ぶ方が無難です。

出産内祝いは使える物を送ろう

出産内祝いとして、多くの人から頂くことがありますね。その内容を見てみると、だいたいん普段の生活の中で使える物を頂くことが多いです。それは、とても助かりますね。普段の生活の中で使うことができると、本当にありがたいと感じます。よく頂いたものでも、自分はそんなに好きではないと思うものがありますね。それは、誰でも一度は感じたことがあると想像します。そんな物を頂いた時、本当に困ってしまうのです。捨てることもできないし、しまって置くだけになります。そのことを思うと、普段の生活の中でばんばん使うことができると、本当に嬉しいです。そのお返しとして、特に多いのは洗剤です。洗剤は、家庭用台所洗剤であったり、洗濯用の洗剤であったりします。するとそれをいただいて、困ると言うことはないのです。どんな年代の人でも、必ず使うものです。そんな物を頂くことができると、やったという気分になることができます。特に掃除屋片付けが好きという人は、自分が欲しいものをもらうことができたと感じますね。そしてそうでない人でも、毎日の生活の中で使うことが出来るので、とてもいいのです。洗剤と同じようなもので、タオルなどもあります。それもあって困るものではありません。

Copyright(C)2017 一般常識を覚えて出産内祝いを最良の形で贈答 All Rights Reserved.